消費者金融以外で即日3万借りる方法

消費者金融以外で即日3万借りる方法

消費者金融以外で即日3万借りる方法

銀行から借りる方法がおすすめ

即日でお金を借りる方法としては消費者金融が一番ですが、なんとなく消費者金融は避けたい方、総量規制の関係で借りられない方はいるでしょう。現在でもヤミ金と混同している方はいるので、そうした方は選択肢として銀行を選ぶのが無難です。銀行なら総量規制に引っかかっている方でも借りられる可能性があります。3万という金額は希望額としてかなり少ないので、審査の難易度が高いと言われる金融機関でも借りることは可能でしょう。取引先の銀行や信用金庫、農協などを当たってみる方法もあります。3万という金額で申込すれば審査に落ちる可能性は低いですが、もし借入できない場合は何か明確な理由があると考えるべきです。

50万で希望した場合はまとまった金額なので、落とされてしまうことは少なくありません。それに対して3万で不可となる場合は、他社借入件数が多すぎるケースが多々あります。この点は昔のローンよりシビアになっており、現時点で2件以上から借りていると厳しくなります。そもそも2件以上から借入している時点で債務超過になっているのです。契約中のローンから増額融資を受けられるなら、新規業者から借りる必要はないでしょう。そうした意味からも、借入先が多くなると審査では不利になってしまうわけです。クレジットカードを持っている方なら、キャッシング枠がないか確かめてみるのも手です。

最近のカードはローン機能が付帯されたものが多く、お金を借りられる場合があります。借り方についてはWEBサイトに記載されており、一般的には提携金融機関のATMを利用します。カードローンと同じように借りられるものが多いので、ローン機能が付帯していないか確認しておきましょう。ただし、クレジットカードでお金を借りる場合は総量規制の対象となります。気軽に3万を借りたいなら、カードなしの銀行ローンを利用する手もあります。フリーローンと呼ばれるものはカードが発行されず、審査は若干通りやすい傾向があるのです。

カードを持つと借りすぎが心配という方は、カードなしのローンを検討してみるといいでしょう。フリーローンは金利も低く抑えられている場合が多いので、今後に借入額が増えると予想される方にもおすすめです。最初は3万で間に合っても、その後に増額融資を受けて数十万円の借入になる可能性はあるでしょう。契約後のことも考えるなら、1%でも低く借りたほうが絶対にお得です。

 

怪しい業者だけは避けよう

悪徳業者は消費者金融や信販会社を名乗ってくることが多いので、これらのノンバンク系業者を除外すれば安全に借りられる可能性が高いと言えます。銀行を名乗ってくる悪徳業者はほとんど存在しないため、現時点において銀行から借りるのは非常に安全な方法です。
3万なら即日で借りられる可能性が高く、最短1時間未満での借入も現実的です。怪しい業者に申し込んでしまうと、個人情報を教えることになってしまいます。今後も怪しい業者全般から連絡がくる可能性があるので、最低限の心構えとしてWEBサイトを持っていない業者は避けるようにしましょう。

ある程度知名度が高く、利用者が多い金融機関はほぼ100%WEBサイトを開設しています。3万を借りる金融機関選びで大切なのは、相手からローン契約を勧めてくる業者は避けることです。自分主導で探すようにしないと、悪徳業者に遭遇する可能性が高いのです。そもそも金融機関はローンを勧めるために、不特定多数に連絡をすることはありません。ダイレクトメール、電話、電子メールの手法で宣伝してくる業者は怪しいと考えましょう。そもそも宣伝相手となるユーザーの属性も知らない状態で、融資の話を持ちかけることは通常しません。一番安全に3万円を借りる方法は、WEBサイト経由で申込することでしょう。

銀行のWEBサイトから申込すれば、100%悪徳業者に遭遇することはありません。3万を即日で借りたい場合は審査日数に着目してしまうでしょうが、3万なら基本的にその日のうちに貸してもらえるでしょう。そのため審査日数よりも金利にこだわって借りたほうがよいのです。銀行は金利に幅があるため、同じ3万を借りる場合においても11%のところもあれば18%のところもあります。1.5倍以上も金利差があるケースも珍しくないため、最も低金利の銀行を選んで借りましょう。キャッシングの契約は数年以上になるケースが多く、ほとんどの方は1回の利用だけで解約することはありません。

長期的に利用することを考えるなら、実質年率にはこだわるべきでしょう。ある程度の金額を借りるなら、低金利のローンは審査が厳しくなりますが、3万ならあまり影響はしません。低金利のローンでも3万なら融資してくれる場合が多いので、融資日数よりも金利を重視して銀行選びをしていきましょう。すぐに借りたい場合の借り方としては、窓口、銀行振込などがあります。カードを発行する場合は、翌営業日以降の融資になる可能性もあるので確認しておきましょう。